HOME > 流儀流

THE STRONG POWER BAIT

流儀流 Vol.19 (BASS)
関東フィールドで活躍するロコアングラー、オリキンこと折金一樹が、実釣を通して「トリプルフックの使い分け」について解説。
「フェザーフックの効果」や新作フックの「ピアストレブルダガー」の特長など、今回も濃い内容が盛りだくさん。
配信日:2014年9月5日  再生時間:0:22:21
出演:折金一樹

流儀流 Vol.18 (BASS)
JBトップ50に参戦するトップトーナメンターの江口俊介が、ナローゲイプオフセットフック「リミット」について、実釣の中で詳しく紹介。
ワイドゲイプのオフセットフックが主流の中、あえてナローゲイプのフックを作った理由とは??
また、ナローゲイプに適したワームのフックセット方法なども詳しく解説!
配信日:2014年8月11日  再生時間:0:21:09
出演:江口俊介

流儀流 Vol.17 (BASS)
キムケンこと木村建太とRYUGI開発スタッフの山本訓弘が淡路島の野池に挑む。
今回のお題となるのは、「インフィニ」、「リミット」、「タントラムコントロール」を状況に応じて使い分ける、テキサスリグでのカバーゲーム!
各フックの使い分けの詳しい説明は、今後の釣りに活かされること間違いなし!!
再生時間:0:20:34 出演:木村建太、山本訓弘

流儀流 Vol.16 (BASS)
今回は、オフセット系フックについてRYUGIの宇田智が実釣を交えながら語る。
「フックの形による特性」や「ワームのセット方法によるフッキング率の変化」など、今までにあまりなかった深い解説が!
これを参考にして、状況に応じたフックの使い分けをすれば、さらなる釣果アップは間違いなし!!
再生時間:0:18:48 出演:宇田智

流儀流 Vol.15 (BASS)
ローカルベイトとして長い間支持され続けているエビメタル。
これに改良を加え、RYUGIモデルとして誕生した「エビメタルJr.」がついに登場!
このエビメタルJr.を使った基本のテクニックから応用まで、バスフィールドの川村店長が実釣を交えながら徹底解説!
再生時間:0:21:37 出演:川村岳大

流儀流 Vol.14 (BASS)
山田祐五が、釣果に直結するフック論について詳しく語る!
「ハードベイトに使うトレブルフック」、「ねじ込み式フック」、「オフセットフック」など、ちょっとした違いが釣果に大きく左右する!
再生時間:0:15:08 出演:山田祐五

流儀流 Vol.13 (BASS)
この夏、記録的な大減水となった高滝ダム、亀山ダム。
さらに、水温も30℃オーバーの超タフコンディションの中、折金一樹がハードプラグのみで攻略。 タフなコンディションだからこそ釣果に差が出る、バラシを無くすフックの重要性についての解説も!
再生時間:0:24:39 出演:折金一樹

流儀流 Vol.12 (BASS)
宇田智が、徳島県の水路と香川県の野池で実釣をしながら、フックの重要性について語る。
新製品の「インフィニ」&「タリズマン」の特徴解説や、フックの形状別の特長についてのトークなど、今後のフック選びの参考になる内容が! フックを使い分けるだけで、釣果はこんなにも変わる!!
再生時間:0:24:54 出演:宇田智

流儀流 Vol.11 (BASS)
折金一樹が、ラバーショットを使って初夏の高滝ダムを攻略。サイトフィッシングとカバー撃ちを状況に応じて切り替えながら釣っていき、次々にバスをキャッチ!また、折金流のラバーショットとラバーショットオフセッターの使い分けの解説も見逃せない!!
再生時間:0:17:16 出演:折金一樹

流儀流 Vol.10 (BASS)
RYUGIフィールドアドバイザーの木村建太が、新製品のトリプルフック「ピアストレブル」を使って、ハードルアーのみで旧吉野川水系のバスに挑む。トリプルフックの違いで、どれだけ釣果に差がでるのだろうか!?また、ピアストレブルのこだわりポイントや、ハードルアーのベストなフックバランスの詳しい解説もあり!
再生時間:0:24:20 出演:木村建太

流儀流 Vol.9 (BASS)
今回は、オカッパリでのラバーショット活用術を野池&リザーバーで披露!三寒四温の寒に当たり、比較的状況は厳しい・・・・・。そんな中、「ラバーショット・オフセッター」の新サイズなどを使い、カバー撃ちやサイトフィッシングで春の気難しいバスを狙っていく!!
再生時間:0:21:21 出演:宇田智

流儀流 Vol.8 (BASS)
今回訪れたのは、徳島県の吉野川水系。台風通過後の濁りが入った状況で、まずはラバーショットオフセッターをカバーに撃ち込んでいく。すると、幸先よくバスがヒット!!その後も、LTオフセットを使い、バスを釣り上げていく!!
再生時間:0:16:36 出演:宇田智

流儀流 Vol.7
今回は実釣ではなく、宇田智&木村建太がRYUGIのフックについて詳しく解説。ピアスフックが、なぜ他のフックより強いのか?秘密は素材ではなく、フックの形状にあった。その他、針の特長から実際にフックに負荷を掛けての検証や、新製品の貫通力テストなど、驚きの映像がここに!!
再生時間:0:18:46 出演:宇田智、木村建太

流儀流 Vol.6 (BASS)
RYUGIフィールドアドバイザーの木村建太が、アラバマ系リグの「Rヴァンガード」で広島県のフィールドを攻略。 濁りが強いため、バスがストラクチャーへタイトについていると判断し、根掛かり回避能力を高めたセッティングで狙っていくと・・・・・・・
再生時間:0:12:04 出演:木村建太

流儀流 Vol.5 (BASS)
前日までに降った大雨の影響により、白濁りするほど状況が変化した、紀ノ川が今回のフィールド。 濁りにより、バスはカバーにタイトに付いていると判断し、オフセッター+クローワームで、上流部のカバーを丁寧に撃っていくのだが、まったく反応が無い。 そこで、下流部へ移動し、再びカバーを撃っていくと・・・・・・・・
再生時間:0:17:21 出演:宇田智

流儀流 Vol.4 (BASS)
台風の影響により、状況が激変した旧吉野川が今回のフィールド。 朝一番は、活性の高いバスを狙い、オフセッター+シャッドテールワームの組み合わせの巻きで広範囲に釣っていくと、ウィードエッジでフォールさせた瞬間にバイトが!! この反応から、横の釣りでは追いきれないのではないかと思い、フォール中心のアクションに切り替えて狙っていくのだが・・・・・・・・・
再生時間:0:21:42 出演:宇田智

流儀流 Vol.3 (BASS)
サマーパターンに突入した、和歌山県・七川ダムに挑戦。 朝は、活性の高いバスを狙うためオフセッター+シャッドテールワームの巻きで表層付近を狙っていくがバイトがあるのみ。 そこで、ラバーショットを使ったダウンショットにチェンジして狙うと、いきなりヒットが!!
再生時間:0:24:07 出演:宇田智

流儀流 Vol.2 (BASS)
今回のフィールドは、大雨後の池原ダム!
喰いの渋いバスに、フォグショットが大活躍!!
再生時間:0:23:04 出演:宇田智

流儀流 Vol.1 (BASS)
ルアーフックメーカー・RYUGIが送る、「流儀流」がついに配信開始! 記念すべき第1回は、芦田川&野池が舞台!!
再生時間:0:24:57 出演:宇田智
  • フレッシュウォーター
  • ソルトウォーター

番組から選ぶ
  • 大漁生活
  • THE STRONG POWER BAIT
  • SUPER STRIKE
  • 準魂
  • コアッ!
  • Link up with FISH
  • テクニカル
  • 千手必釣
  • Ultimate Bass
  • J time ON
  • アピスch